RICOPUENTE FC チームコンセプト

集えサッカー小僧

足が速くない
でも、サッカーが好きで、誰よりもサッカーが上手になりたい。

〜 子どもたちに本物の指導を!子どもたちに本物の環境を! 〜

陸上や野球など多くのメジャースポーツで、世界レベル、全国レベルで活躍する選手、チームが、ここ東三河の地から生まれています。
しかしながら、サッカーはというと、東三河には各年代で全国レベルのチームがなく、トップレベルで活躍する選手も少ないというのが実情です。

私は、この現状には2つの問題があると考えています。

一つは指導者の質です。

東三河のサッカークラブに、全国レベルを肌で感じたことのある指導者が、果たしてどれくらいいるのでしょうか・・・。各クラブひとりいればといったところでしょうか。

こうした現状にもかからず、コーチが指導できない人数をチームが受けれてしまっていることがあります。こうなると、サッカーが上手な一部の子ども意外は、全国的にも例をみない、部活動などで少しサッカー経験がある程度の“パパさんコーチ”の指導を受けることになり、子どもたちが満足な指導を受けられなくなってしまうのです。

もう一つは練習環境(練習量)です。

ほぼすべてのサッカークラブは、学校のグランドや市営グランドなどを借りて練習していますので、『雨=中止』となってしまいます。
子どもたちがサッカーをいくらやりたくても、雨が降ると学校・市営グランドが使用できないため、練習ができず、上手くならない、といった負のスパイラルが生まれてしまうのです。

この2つの問題をクリアするため、リコプエンテFCでは、専用のサッカーコートや独自リーグなど、いつでも練習や試合ができる空間を整えました。また、その空間を、子どもたちがサッカーをするために、好きなだけ使えるように、子どもたちと向き合い、時間をともにする、全国レベルを体感した一流のコーチが多数揃っていますので、誰一人として見捨てることはありません。

リコプエンテFCは、勝利を優先するがゆえに、サッカーが上手な一部の子どもに焦点をあてる「チーム運営」を目的とする他クラブとは異なり、チームに所属するすべての子どもたちがサッカーを好きになり、サッカーが上手くなるように、「子どもの成長」を目的とした独自の育成プログラムで運営しています。

そのため、リコプエンテFCでは、1ヶ月間の体験期間を通じて、子どもたちに、とことんサッカーを楽しんでもらい、好きになってもらうことから始めます。サッカーを覚えるのは、そこからでいいのです。

サッカーを楽しみ、好きになったあとは、基礎技術を徹底的に身に着け、サッカーを覚えて、サッカーを上手くなり、そして、できることを増やしていきます。それが、将来の強豪校や強豪クラブへの進学、あるいは、指導者としての活躍へと繋がっていくのです。

リコプエンテFCは、子どもたちの成長、将来の活躍を約束する基礎技術の「インプットの場」です。サッカーを楽しみ、好きに、そして、上手くなるためのすべての要素がリコプエンテFCにはあります。

サッカーを上手になるために

  • 足が速い
  • 運動神経が抜群に良い

などの身体能力の高さは実はそれほど関係ないのです。
良い例として、レアルマドリードで活躍する久保選手が挙げられます。

彼は足がすごく速いわけでも、身体能力がずば抜けて高いわけでもない。
それなのに、なぜ世界最高峰のレアル・マドリードで活躍できているのか。
それは

  • 吸い付くようなボールタッチ
  • 針の穴を通すような局面を打開するショートパス精度やキック精度

など、ワンプレーの基礎技術のレベルが世界の名だたるプレイヤーにひけを取らない、むしろ勝っているからに他なりません。

サッカーでは身体能力よりも基礎技術のレベルの高さが活躍するにはるかに重要な要素であることが世界のスタンダードだからこそ、レアルマドリードは久保選手を獲得したのです。

そして、久保選手がジュニア年代からバルセロナFCで基礎技術を高めるために磨きをかけてきました。

なぜなら、英語学習を幼いころにしていると自然と英語がみにつくように、サッカーの基礎技術もジュニア年代から中学年代までにどれだけスキルを高めるための練習をこなしたかで決まるからです。

だからこそ、豊橋のサッカークラブ「リコプエンテFC」では身体能力以上に必要な

  • 吸い付くようなボールタッチ
  • 針の穴を通すような局面を打開するショートパス精度やキック精度

などの基礎技術を元コンサドーレ札幌選手といったプレのコーチが徹底的に教え込みます。
豊橋リコプエンテFCでサッカーを学ぶと、

  • 誰よりもサッカー好きに
  • 誰よりもサッカー上手に

なれます。
さらに、

  • 身体能力ではなくサッカーの基礎技術の高さを武器に、後攻サッカーやJリーグで活躍する選手を

豊橋リコプエンテFCなら本気で目指せます。

1 基礎技術が重要な理由

プロサッカー選手がアマチュア選手と決定的に違うのは

  • ボールロスト率の低さ
  • 次のプレーの選択肢の幅

の2点です。

ボールロスト率が低いことは

  • 相手が激しいプレッシャーをかけてくるなかで攻撃の起点となれる
  • 局面を打開できる可能性が高い

そして

  • 相手と自チームの陣形から最善の一手を選択する可能性を広げられる

など、サッカー選手として必要なプレーの根本であるため、プレイヤーとしての質の高さを大きく左右する要因となります。

だからこそ、質の高いサッカー選手をあなたが目指すのであれば、FWやDFなど、どんな選手であっても必ず備えておくべきプレーです。

このボールロスト率の低さや次のプレーの選択肢の幅を引き出すためには、ドリブルやパスなどサッカーボールを扱う基礎技術の完成度の高さがダイレクトに起因します。

そのため、リコプエンテFCでは

ドリブルであれば、アウトサイドにボールを運ぶことで相手ディフェンスがボールを奪取しづらくするなどボールの置きどころをを身につけること

軸足の位置

体重移動でのドリブルで相手をかわしたり、軸足を意識したドリブルのステップワークを習得できるドリブル練習

などのサッカー選手として活躍するための基礎技術を徹底的に磨いていきます。

豊橋のサッカークラブ リコプエンテFCだからできる基礎技術向上のための2つのポイント

基礎技術を高めるためにコーチの存在はとても重要です。

サッカーを熟知したプロのコーチに現状にあった的確なアドバイスがもらえるかどうかが、あなたのサッカー人生の結果に大きく影響しているからです。

そして、あなたのサッカー基礎技術を高いレベルにしてくれる腕の良いコーチに出逢うためには

  • コーチの経験(レベル)
  • コーチの人数

の2つのポイントで見極めることです。

豊橋のサッカースクールで唯一のコーチ陣の経験(レベル)がセミプロ以上​
項目 リコプエンテFC 豊橋のクラブチーム
経験(レベル) セミプロ以上 アマチュア

豊橋、豊川、蒲郡など東三河地域のサッカークラブチームでは、サッカー経験が多少あるパパさんママさんコーチが指導にあたっています。

しかし、ボールタッチ、パス、ドリブルなどの基礎技術を向上させるためには、コーチ自身の技術が備わっていないと、専門的なアドバイスを分かりやすく伝えることができません。
リコプエンテFCでは、元コンサドーレ札幌選手や日本サッカー公認ラインセスを取得しているなど、豊橋のサッカークラブで唯一セミプロ以上のコーチ陣を揃えているからこそ、
  • 体の使い方
  • 重心の置き方
など基礎技術を向上させるために必要な専門的なアドバイスを分かりやすく伝えることが可能です。
コーチの人数が4名で専属で在籍しているので一人ひとりの成長を細やかにチェックできる
項目 リコプエンテFC 豊橋のクラブチーム
人数 4名(専属) 1名(ボランディア)

豊橋、豊川、蒲郡など東三河地域のサッカークラブチームでは、U-15や14のチームにコーチ1、2名が一般的です。さらに、それよりも下のカテゴリーとなると、コーチをつけられないことも多々あります。

そのため、1人1人のサッカーレベルの習熟度に応じたアドバイスすることが困難であり、チーム全体での練習による画一的な指導となってしまいます。

サッカー上達に一番大切な期間であるジュニア年代からu-15までの基礎技術習得が疎かになりがちです。
リコプエンテFCでは4名のコーチが専属で在籍しているため、1人1人のサッカーレベルの状況を常に把握しています。
状況を常に把握できているからこそ、あなたが基礎技術向上のために必要な練習やアドバイスを行います。

コーチ紹介

スクール代表・アカデミー代表

江口 力也

日本サッカー協会公認ライセンスC級ライセンス

競技歴

大津高校〜中京大学

指導歴

桜丘高校〜熊本高校〜LFC Toyota〜豊橋商業〜リコプエンテFC

テクニカルアドバイザー/スクールアドバイザー/アカデミーアドバイザー

村田 信行

日本サッカー協会公認ライセンスA級ライセンス

競技歴

中京高校(中京大付属中京高校)〜中京大学〜東芝(JFL)〜コンサドーレ札幌〜ブレイズ熊本

指導歴

カナリーニョ〜中央学院高校〜カナクラーボ〜流通経済大学女子サッカー部

スクールコーチ / ジュニアユースアカデミー責任者

市田 浩太郎

キッズリーダー
日本サッカー協会公認ライセンスC級ライセンス

競技歴

鹿児島実業高校〜コンフィアーサ田原〜ラジルFC東三河

指導歴

桜丘高校〜リコプエンテFC

スクールコーチ

江口 耀太

競技歴

長崎総合科学大学附属高校

指導歴

リコプエンテFC

2 高校年代以降の活躍を前提にジュニア年代から中学生までの一貫した育成プログラム

項目 リコプエンテFC 豊橋のクラブチーム
運営目的 個のスキル チームの勝利
指導方法 長期的 短期的

パスやドリブルなど基礎技術は明日、明後日で身につくものではありません。

しかし、一般的な裏部チームではジュニア世代からチームの勝利が絶対命題となっているため、個々のスキルよりも足が速い、背が高いなど一芸秀でている選手の特徴を如何に最大限活かすかといったチーム戦術が優先されてしまう傾向にあります。

これだと、大きく全然に蹴ってそれを足が速い選手が広て得点を決めるなどサッカー状態に必要な基礎技術の向上は見込めません。

指導方法が目前のチームの勝利だけであり、短期的な指導となっているため、サッカースキルを高めることとはかけ離れた状態となっていしまっているからです。

リコプエンテFCでは、個々のスキルを高めることに主眼をおいています。

目標設定 → 練習 → ソルンリーグで実践 → フィードバック → 新たな目標設定

そのため、チーム戦術ではなく、個人個人の成長度合いに合わせた練習項目(目標)を設定し、その目標が達成できているかどうかをリコプエンテFC独自のリーグであるソルンリーグで実践、フィードバック次の目標を設定することで、

  • 実践
  • フィードバック

をジュニア年代から中学生まで一貫して実践するからこそ、サッカーの基礎技術を高いレベルで習得できるのです。

チームの勝利至上主義では絶対不可能であり、高校年代以降での活躍を目的としtあ長期的な目線で考えているからこそ実現可能な指導スタイルだと自負していいます。

バウンドボール

解説動画準備中

ボールを中心としたトレーニング

解説動画準備中

ドリブル練習

解説動画準備中

3 環境

基礎技術をレベルアップさせるためには

  • 練習量

が整っている環境でサッカーを学ぶことです。

練習量

項目 リコプエンテFC 豊橋のクラブチーム
練習量

当たり前ですが、サッカーを上手くなるためには練習の質(育成プログラム)もさることながら練習量は絶対的に欠かせない要素です。

しかし、一般的な豊橋のクラブチームはコーチがボランティアであるため、週1、2回の練習が限度です。

また、レンタルサッカーコートの利用状況や天候など、チーム事情以外の部分で練習をしたくてもできないことも多々あります。

リコプエンテFCでは専用サッカーコートをもっているため、

  • 夜間練習
  • 雨天練習

など天候やレンタルサッカーコートの利用状況などにサッカーの練習ができるかどうかを左右されることはありません。

さらに、

  • リコプエンテFC専属プロコーチ

とサッカーを上手になるために絶対に欠かすことのできない練習量を確保するための設備や環境は豊橋サッカークラブの中で随一を誇ります。

4 強豪クラブとの太いパイプにより高校進学までサポート

5 スクール利用者の声

  • 月〜金でグラウンドの確保ができるので、いつでもサッカーができる環境があることが素晴らしい
  • 一人ひとり丁寧に指導しているのでありがたい
  • 雨でもグラウンドが使用できるのでたくさん練習ができる
  • 子供たちがサッカーを本当に楽しそうにやっているので嬉しい

など

6 料金などその他必要事項

スクール料金

入会金 10,200円
年会費 10,200円
月会費 回数
週1 週2
キッズ 2,550円 5,100円
ジュニア 3,570円 7,140円
ジュニアユース 4,590円 9,180円

アカデミー料金

入会金 10,200円
年会費 10,200円
月会費 回数
週3〜4
ジュニア 7,140円
ジュニアユース 9,180円